練馬区の治安はどうなの?

治安については住む前にぜひ知っておきたいことですよね!

今回は練馬区の治安についてご紹介いたします。

練馬区の治安

練馬区の平成30年の総犯罪件数は4,190件で、数字だけをみると治安が悪く感じますが、総人口数からみると1%を切っています。東京23区内における犯罪発生率では2位となっており、治安が良いことがわかります。

また、練馬区内には繁華街や歓楽街がなく、小規模な商店街や飲食街が広がっています。「練馬大根」で有名なこともあり、東京23区なのに畑がたくさんあります。大きな公園もたくさんあって、静かで暮らしやすいことから長年住んでいる人も多く治安が良いです。

練馬区が取り組んでいる安全対策

練馬区では、地域の様々な団体が連携して防犯・防火活動を行う組織「地域防犯防火連携組織」の設立をすすめています。

パトロールカーの貸し出しやパトロールで必要なユニフォームやグッズの支給など、地域ぐるみで防犯活動ができるように取り組みをおこなっています。

その他、練馬区が取り組んでいる安全対策として、下記が挙げられます。

——————————————————————————–

・ねりま安全安心パトロールネットワークの運営
・「練馬区防犯・防火ハンドブック」の配布
・青色回転灯パトロールの実施
・「安全・安心パトロールカー」の貸し出し
・小中学生に対する防犯ブザー配布
・「高齢者対象セーフティ教室」の開催
・中学校向け自転車安全運転教室の開催
・マナーアップ指導員による巡回活動
・講演会、イベントなどで啓発活動
・ねりま情報メールの配信サービス

——————————————————————————–

練馬区に住む小中学生・高齢者には無償で防犯ブザーを配布しています。

中学生向けの交通安全教室や、振り込め詐欺やひったくりを防止するための「高齢者対象セーフティ教室」の開催など、子どもからお年寄りまで安心して暮らせる街づくりをしています。

まとめ

練馬区は東京23区の中で2番目に治安が良いです。区やボランティアによるパトロールが頻繁におこなわれていて、犯罪が起きにくい環境が維持されています。

とても住みやすい街なので、お住まいの候補にぜひ!